2011年11月30日

ありがとうございました!

「漂うガラス」展、終了ー!

111112web.jpg


お越しいただいた皆さま、会場の花音さん、どうもありがとうございました。
あっという間の会期でしたが、とても濃厚な経験になりました。

しばらくは技術を上げることに力を注いで、マイペースにやっていきます。
またお目にかかれるときがあれば嬉しいです。


**

以下雑談。

今回の滞在では、長年の友達や昔お世話になってた勤め先の方々や
吹きガラス工房で先生と久々に会ってお話したり、好きだったお店に行ったり
あとは京都で私欲を満たしてきたり。
思いつきで入った高台寺の紅葉はよかった。
早朝、開門直後の二条城の紅葉はもっとよかった。
庭園の色づきが延々と連なり、葉の落ちる音が聞こえるほど静かだった。

あとは今年、東京都現代美術館のベルリン展で見てうっかり虜になったアーティスト、アンリ・サラ展@国立国際美術館へも。
これはもう堪能したっていうか、完全にはまったな。
MOTでの「入り混じる行為」は、できればもう一度観にいきたいぐらい、くせにになる作品だった。

総括気味になるけど、今年はヨコハマトリエンナーレで衝撃的だった金理有氏と、そのアンリ・サラが新たなお気に入りアーティストになった。(ヨコトリに関して言うと、横尾忠則氏の絵画が今までイメージを一変させるぐらい新鮮で、とてもとても気に入ったのだけど)
また来年もいろいろと目にしたいものだわー。

111129.jpg


ユーレイでも出そうな小路を思いつくままぶらぶらした。
静かな日常に戻ったような気がした。
posted by nigiridori at 23:49| Comment(0) | 制作記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。